この掲示板は,キャンピングカーにおいて発生したトラブルを修理した記録の情報をデーターベース化するためのものです。これらの情報をオーナー間で共有し,同じようなトラブルが発生した場合に,その解決手段としてこのデーターベースを利用していただきたいと思います。お書き込みに関しては以下の内容を参考にお願いいたします。
【機器の品名や型番・製造元】
【修理した方法や手順】
【要した費用】
【修理に費やした時間】

など参考になる内容であればこれらに関わらずお気軽にお書き込みください。

 

 
本掲示板により発生したトラブルにつきましては,当方では一切責任を負いません。また,情報を書きこんでいただいた方にも責任を負う義務はありません。修理はあくまでもご自分の責任において行ってください。
 また,極端に危険と思われるものや法に接触するような内容などと管理者側で判断した場合は,本人に確認なく削除することもありますのでご了承ください。

●本掲示板は会員制などの利用制限は一切ありません。キャピングカーオーナー以外でもお気軽にお書きこみください!

 【投稿するには

 @「お名前」・「あなたのメールアドレス」の部分を入力してください。
 Aタイトルには,修理に関する
内容がわかるようなタイトルにしてください。
 Bトラブルまたはトラブルの対処法などの具体的な内容を「本文」に書きこむ
 C「投稿する」をクリックしてください。
 ● 修理個所やトラブル箇所などの写真がある場合はデジタルカメラなどで撮影したものを掲載可能です。(省略可)もし,写真がある場合は「参照ボタン」をクリックし,あなたのパソコンに保存されているその写真のファイル名を指定してください。
 ● (省略可)写真を掲載する場合はその画像が何か分かるような名前をつけてください。
掲載を削除するには
ご自身が投稿された記事の横にあるチェックボックスにチェックを入れ,画面下の削除ボタンをクリックしてください。パスワードは不用です 




★2007年ウィネベーゴ故障 名前: baba [2008/02/01,19:49:44] No.273
2007年、ウィネベーゴ、故障
20年以上前、外車の故障により、2ヶ月修理にようした、知り合いの話を思い出した。
しかし、これが、自分のことになろうとは
2007年、5月、山形へ行き、アイドリング状態で、オーバーヒートになる。走行中は、大丈夫
山形の整備屋さんで、エンジンを見てもらう、親父さんは
ファンクラッチか、ラジエターのつまりだろうといわれる、仕事20分

5月、三菱商事の、ディーラー車なので、仙台の三菱で2度ほど車検を受けているので、いく
2度目の車検のときは、三菱から今、ウィネベーゴのディーラーは、ニートRVさんに移っているので、そちらに持っていってくださいといわれる
しかし、これは、三菱商事が売った車で、ニートRVさんが売った車ではないでしょ
宮城から、車検に東京にもって行くんですか、三菱商事のディーラー車だから、中古で買ったんですよ
しかし二度目の車検が出来上がり、高速道路で、エンジンカバーは、突然はずれ、轟音と、風圧に驚く、カバーはしまっていなかった。翌日、釣りに行ったが、今度はエンジンが始動しない
三菱は、引き取りにきた。
その後、三菱に不詳事が発覚し三菱に行ったときは
入るなり、いらっしゃいませと、一斉に頭を下げられ、あまりの変わりように、引いてしまう
はじめて、三菱に持ち込んだときはブレーキの利きが悪いので調整してもらったが、なんら、変わらないので、
再度持ち込み、ブレーキの、赤いランプが点灯しているので、たづねれば、古いからじゃないですか。とのこと、運転してみてくださいと促す。
ブレーキオイル交換後、ブレーキもよくなり、点灯も消える。
整備士の年齢が全体的にリストラのせいか若すぎる。状態のチェック、修理、修理後のチェックマニアルができていないのではと、気になった。

アイドリング状態でオーバーヒートになることを話す、
一時間くらいして、サーモスタットではないかとのこと、
しかし、4時間後、ファンクラッチですね、ファンクラッチ、発注
後日、ファンクラッチ交換、しかし、状態は変わらない
修理するにしても、長期になるためキャンパーの荷物を降ろすべく、一旦帰宅し
また後日もって行くことに
6月行く途中、走行中もオーバーヒート状態になり、60キロ走るのは無理と判断
近くの、整備会社に、つきあいがあるので、相談、引き受けてくれるとのことで
三菱にウオーターポンプを発注し、3週間後到着、ラジエターオーバーホール、ウォーターポンプ交換
7月に修理すんだが、テスト走行中に、エンジンストップし、その後始動しないとのこと
イグニッションコイル、三菱に発注し、3週間後、交換するも、始動せず
次に、デストリビューターか、コンピューターすべて交換したいといわれたが
結構な値段になるので、どちらか、原因がはっきりして
交換してもらいたいと話す、また整備屋さんはうちではお手上げとのことで
知り合いはないかと相談される。三菱にたづねてみてくださいと返答したが
三菱からは、知らないとの返答、後日、三菱は、ニートRVさんの協力を得たと話す

8月整備屋さんと一緒に、オートマ牽引は、20キロ以下とのことで、60キロ仙台三菱に行く
牽引フックがついていないため、バンパーはずして、ワイヤー
をむすんだが、これが、ワイヤーが切れ。このショックが、あらたなトラブルになる。
10月車検がきれるので、ついでに、お願いする

10月、エンジンはデストリビューたー交換で始動したがオートマオイルが、
パイプからふきだし現在、純正パイプは、生産中止で、当方として、車検は受け付けることができないと、車検ぎれ、10日ほど前に連絡がある、パイプは応急処置をしたとのことで、引き取るように言われ、とりあえず引き取る。今回は、途中から継続しているので、もし、修理できなくとも、速やかに引きととると結う内容の同意書にサインして、修理を開始している。サインをしながら、お客様本位の三菱と結う営業マンの後ろの標語がなぜか気になる。

オートマパイプの件を、近くの整備やさんにはなし、三菱の応急処置を
建機の、圧力パイプに交換する、代金無料
何件か整備屋さんにあたるが田舎のため、、外車お断り
困り果て、仙台の陸運局に電話をいれ相談する、
30分後、三菱から、、持ってくるときは、お電話くださいと丁寧な電話をいただく
10月10日車検切れ前に行く。
12月になり、時間がかかるので、来年3月まで、冬使いませんので、ゆっくり
やってくださいと。外は水道が、凍りつく寒さとなり、水抜き、お願いしますと電話を入れる。
三菱からは今年の注文は、今年中に終わらせますと強い決意の返事をいただく
できましたとの連絡で、納税証明書を持ち
12が23日に引き取りに行く、前日引き取りに行く電話をいれ、当日朝は9時に、午後1時到着予定と電話を入れる、1時間ていどで車検はできますからとのことだったが、できたのは5時過ぎ、すでに暗くなっている。トラブルがあると対処がむずかしいので、明るいうち、帰りたかったが、整備工場にいくと、工場には数台の、ポルシェが、整備中、販売店では、クリスマスパーティーをしていた
キャンパーをぐるりと見て周る、後ろのスペアタイアが、ついていない、取りつけてもらう
ライト、ウィンカー、ブレーキ、車検上がりの車をチェックする
10月に、メーターの照明が点灯しないことを、不具合箇所を紙に書き、渡していたが
メーター照明は点灯せず、今修理できますかとの質問に、すでに、午後6時過ぎ、人がいないとのこと、オールシーズンタイヤのため雪が降られれると、厄介なので引き取る。
高速道路を、水温計を時々懐中電灯でてらし、チェックしながら走行し
帰宅する。シートをかぶせ3月まで、休みとなる。ボイラーの水は、抜いていなかった、車検と、いままでの修理費、約70万、税金10万、期間5月から12月まで、8ヶ月、2007年、常識を勉強した、修理の一年でした。まったくお恥ずかしいはなしですが、なにかのお役にたてれば、参考にしてください

冷却水は、定期的に交換すること
中古は高年式車を選択すること
外車故障は、パーツ2,3週間待ちのため、修理はさらに時間がかかること
外車は整備屋さん選べないので、田舎もんは、国産にすること





[返信しないで戻る]