記事一覧

ジーゼルエンジン 燃料リフトポンプの機能不良

ファイル 834-1.jpg

ナショナルRV製カリビアン(クラスA デイーゼルプッシャー)の燃料リフトポンプの機能不良に関するご質問が有りましたので書きます。 問題解決に役立つと思われる事柄を簡単に書きます。

ナショナルRVは2007年に破産宣告をして居る為に製造会社に問い合わせをする事は不可能な状況になって居ます。

カリビアンはスパルタンモータース製EC2000シャシーが使用して居ますので、上の配線図を参考に為さって下さい。

質問 リフトポンプへの別配線並びに作動に関して:
リフトポンプは別名トランスファーポンプとも呼ばれ、イグニッションキーを差し込んでオンにした状態では作動しませんが、一瞬オンからスタートの位置にしますと約25秒程作動し続けます。 この間エンジンの近くに行けばリフトポンプの振動音が聞こえます。
更に、イグニッションキーがオンの状態でエンジンが回転し続けている間もリフトポンプは作動し続けます。

事故等でエンジンの回転が止まった際は火災やその他危険な状況に成らない為にリフトポンプも停止する仕組みになって居ます、即ち例えイグニッションスイッチがオンの状態でもエンジンが停止すればリフトポンプも停止します。


参考:
リフトポンプはタンクから燃料を吸い上げてインジェクションポンプに供給する役目を担って居ます。 インジェクションポンプはリフトポンプが故障で作動しない場合もシリンダーに燃料を送り込んでエンジンを回転し続ける事がある様ですが、この状態が続きますとインジェクションポンプは故障を起こす可能性が高くなり、インジェクションポンプ修理又は交換は高価に成ります。 従って、リフトポンプは常に調子の良い状態である事が大切であると同時に、リフトポンプの故障は意外と多くRVフォーラムで取り上げられていて、スペアーを携帯する人も居ます。

次の書き込みも参考に成るかも知れません。
http://www.net-camper.com/cgi-bin/rv-ken/diarypro/diary.cgi?no=618
http://www.net-camper.com/cgi-bin/rv-ken/diarypro/diary.cgi?no=736

コメント一覧

非公開 (12/05 10:42) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

非公開 (12/10 10:33) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

非公開 (12/12 04:40) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

米国に行ってRV生活(旅行)、 その2 RVを確保するにあたって

その後、質問者から更にコメントを度々頂き私自身が楽しませて頂いています。 既に書きました様に、RV経験が非常に豊富で、私の知識だけで書く事が質問者にどの程度役立つのかは疑問ですし、役立つ為には時間を掛けて調べる必要がある内容です。 この調べる内容に関しては将来又考える事として、質問者が送って下さる質問、経験話、情報等から私の思った事柄を書こうと思っています。 此れからアメリカでRVを利用して旅行を考えて居る方、現在日本でRVを使って居る方、そして此れからRVを始めたいと思って居る方には役立つ事があるかも知れません。 
 
選択するRVに関して:
RVは“トラック”に“家”を積んだ様な物ですので、トラックシャシーにはほぼ満載、場合に依っては積載オーバーの状態で、“家”の方には常に地震に遭遇し続けている状態です、即ち車も家も常に超過酷な条件に耐えなければなりません。
此の事は快適で安全な運転を楽しむ、維持費(修理費用)を最低限にする、長期間RVを使用し続ける事等を考えると非常に大切な事です。 通常、RVを選択する場合は色や外観デザイン(見た目が良い)、価格、フロアープラン(間取り)等が重要視されると思いますが、それ等以上に大切な事は余裕のある許容重量、重量配分、使用材質、構造等で、目では見え難い部分です。

日本の自動車ショーで展示されたRVを見て回った際に許容重量に関して質問をしても現実的な答え又は説明が出来る人は稀で、同時に重量配分を無視して製造されて居ると思われるRVも見受けられます。 アメリカでも昔は同じ様な問題、即ち“前軸と後軸の許容重量を考慮せずに製造されて居て、前方に付いて居る燃料とスレッシュウオーターの両タンクを同時に満タンにすると前軸の許容重量をオーバーする為、水は常にタンクの半分以下に保ったり、重量のあるキャンプ装備や荷物は後部に移動させる必要がある”と言う様なクラスAが有りました。 最近はRVerの安全に関する知識が総体的に向上して、特に許容重量、車軸荷重、タイヤ空気圧等に関しては敏感になっていて、適切空気圧の設定の為にRV(主にクラスA)の計量をする人は沢山います。 総重量が許容重量に近い場合は計量をお勧めしますし、多くのRVが必要として居ると思います。

RVに使われている材料や構造の耐久性に関して知る事は非常に難しと思われますが、私が普段使う解決法は(RVに限らず)使用者の評価が高いモデル、人気が高いモデル等です。 沢山売れているモデルは修理部品やアクセッサリーが長年に渡って豊富で入手し易く安価で良いのですが低価格の為に売れている場合もありますので注意が必要です。 

アメリカに於いてはRVフォーラムでメーカー名やモデル名を含めて非常に手厳しい意見が沢山書き込まれて居ますので、RVフォーラムを読んで居る人達にはRVメーカーの品質度は大体知られて居ると思います。 しかし、苦情が沢山書き込まれているメーカー(モデル)のRVを買う人も居ますので、其れ等の人は外観デザインやフロアープランを重視したり、低価格に引き込まれたり、更には情報を知らないのかも知れません。

評価の高い、信頼性の高いメーカーのRVでも購入する際に気を付けなければ成らない場合もあります。 十数年前に問題に成りましたが、水没車です。 大きな洪水が起きて大量の新車RVが被害を受け、保険処理されたRVが数カ月、数十カ月後に修理されて見た目には新車同様の状態のRVが出回った事です。 この様なRVは直ぐには問題を起こさなくても使用して居る内に外壁が膨らんで壊れたり、何らかの問題が発生する結果と成ります。 相場より安かったり、走行距離が極端に低かったりするRVの中にはこの様なRVもある事を知って於く必要があります。

コメント一覧

非公開 (09/21 00:13) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

非公開 (09/21 00:42) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

米国に行ってRV生活(旅行)、 その1 書き込みの内容に関して

暫く書き込みを怠けて居ましたが、退職された方から米国で長期間(数カ月間)RV生活をする事に関しての質問が有りました。 質問者は米国勤務の経験者で米国に於ける生活環境は熟知されており、RVに関しても詳しくてRV旅行の経験も豊富な方です。 
質問の内容は:
1.RV(クラスA, 又はクラスC)を確保する方法?
2.レンタルRVと中古RV購入の何れが良いか?
3.購入費用、メインテナンス費用?
4.個人からRVを借りる可能性は?
5.メインテナンスの依頼先?
6.一時帰国した場合の保管場所?
7.購入した場合の名義?
8.経済的なRV維持方法?

多くの方が知りたい非常に良いご質問だとは思いますが、私が知らない部分、即ち私には此れまで知る必要が無かった事柄が沢山含まれています。 最近は以前ほど読んでは居ませんがRVフォーラムで得た情報、RVグループから聞いた情報、自分が経験した事柄等を元に私の考えを書ける部分もありますが、相当時間を掛けて調べる必要がある部分も含まれて居ますし更に、例え結果が出てもそれが決定的な答えには成らない部分が多く含まれて居ます;状況が流動的であったり判断に大きな個人差があったり、RVに関しては運/不運が付き纏う事もあります。 
余談:
例えば、知人がカナダに行った際に税関で問題が起り、即ち係官を怒らせるチョットした発言をした為に長時間に渡ってRV内を調べられて持ち込み禁止である牛肉が入っているとの理由で犬と猫用の缶詰までも没収されたり、ATV(クオッド)が盗まれたり、RVのエンジンのカムシャフトが折れてエンジン交換に3週間と300万円掛かったり、この旅行中にその他色々な悪い出来事(猫射殺)が一度に起こりました。 
私も同じ様な経験をした事があります、即ち目的地に行く途中で冷蔵庫が機能しなく成り、カナダに着いた翌日早朝に腎臓結石で苦しむ家内を緊急病院に連れて行き、2週間滞在の予定が2日になり、帰りにはRVのスターターモーターが壊れ、悪い事が纏まって起こりました。

この様なRV旅行は稀ではありますが、RVでの旅行(生活)には幾らお金や時間を掛けても科学的には予期出来ない、防ぎ様が無い出来事(運/不運)が起こる事があります。 

悪い事ばかり書いて居ますが、RV旅行(生活)は非常に楽しく、先に書いた様な嫌な経験をしても私は勿論、知人もRV旅行を続けて居ますし、2週間前にカナダ(7500Kmの旅)から帰って来ましたが、今回は全て順調でRVも何の問題も無く走って呉れました。

と言う事で、私の感じた事を少々書きたいと思って居ますが、1週間後に日本に行く為に時間が限られて居り、果たして質問者が満足出来るお答えが出来るかは疑問が有ります。

コメント一覧

非公開 (09/16 06:25) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

非公開 (09/16 06:51) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

非公開 (09/16 09:10) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

非公開 (09/18 09:12) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

アリゾナ州のコーツサイト(RVショー)

ファイル 829-1.jpgファイル 829-2.jpgファイル 829-3.jpgファイル 829-4.jpgファイル 829-5.jpg

日本では幕張メッセでジャパンキャンピングカーショーが来週から開催されようとして居ますが、アリゾナ州のコーツサイト(Quartzsite)では1月29日迄RVショーが開催されています。 

コーツサイトのRVショーは無料ではあるものの他のRVショーとそれ程変わりはありませんが、RVショーが開催される時期にコーツサイトに集って来るRVの数は膨大で、恐らく此れほどの数のRVが集まる場所は世界中を探しても他には無いと思われます。

集まるRVの数が気になる為、商工会議所の観光課に問い合わせてみましたらRVは移動する事やコーツサイト近辺には膨大なRV駐車可能な敷地がある為に数を予想する事は不可能で、5万台、10万台、又はそれ以上のRVが滞在して居るかも知れないとの事で、唯一確かな事は今年(2019年)は例年以上に多くのRVが訪れて居る事だと話して居ました。 実際、コーツサイトの街中ではRVが見えない道は無く、何処に立っても数十台のRVが、高い所からは万の数のRVが見えます。

コーツサイトの商工会議所のウエブサイトに依りますと、70以上のRVパークに加え、11,400エーカー(東京ドーム約980個)の長期滞在可能なBLMと呼ばれる政府の土地(有料=約5000円/2週間)、更に連続14日間迄は無料で滞在可能の場所が5カ所あります。 従って、例えアメリカ国内で走行中の全てのRVがコーツサイトに集結しても駐車場所が無くなる事は無い様な場所です。https://quartzsitetourism.com/explore-quartzsite/

現在、政府シャットダウンの為に普段は有料のBML駐車場(RVパーク)にはお金を取る人は働いて居らず、“無料でどうぞ”の状況でした。 しかし、飲料水も汚水ダンプステーションも使えて、大きなゴミ捨箱もきれいになっており、滞在には何1つ不便を感じる事はありませんでした。

コーツサイトはロスアンジェルスから国道10号線で東に向かい、アリゾナ州との州境であるコロラド川を渡って約30Kmの所に位置し、大きなサボテンは生えていても高い木は一切生えて居ない砂漠地帯です。

コーツサイトは冬の間は過ごし易い気温ですが、3月に入りますと暑くなり、沢山出ている露天商は店仕舞いをして其れ迄来ていたRVは激減します。

コーツサイトの2017年時点での人口数は3694人(2010年‐3677人)で、2000年以降殆ど同じ様な人口数です。 しかし、冬の間はカナダや北国からスノーバードと呼ばれる人達がRVでコーツサイトに訪れて滞在する為に人口は100倍(?)に膨れ上がります。 

2000年前後の景気が低迷していた頃はRV産業も大きな影響を受けて、多くのRV製造会社が倒産し、RVを手放す人も続出、RVショーでの出店数は勿論、客も激減しました。 しかし、7-8年前からアッと言う間に又RVがポピュラーに成りました。 現在の好景気が続きますと、益々RV人口は増えると思われます。
 

コメント一覧

非公開 (09/14 10:26) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

室内・アクロバット・ラジコン・飛行機

ファイル 828-1.jpg

最近友人から“室内・アクロバット・ラジコン・飛行機”のビデオが送られて来て、この様な飛行機や競技がある事を始めて知りました。 
https://www.youtube.com/watch?v=VRer5GdGneo
https://www.youtube.com/watch?v=8E6toPWmptg
https://www.youtube.com/watch?v=cljNS7oSKPs

日本でもこの飛行機を飛ばしている人が居る様ですのでご存知の方も居らっしゃるとは思いますが、ご紹介します。

競技に出る人達は飛行能力を研究してそれぞれ色々な形状や機能を持つ飛行機を自分で制作し、一般的な重量は60グラム前後で常に軽量化に努力をして居る様です。

2010年に初めて室内・アクロバット・ラジコン・飛行機の世界大会がパリで開催された為、この様な飛行機、又は競技をInternational Indoor Tournament of Paris 即ち”IITOP”と呼んだ様ですが、2013年に正式な第一回の世界大会がドイツで開かれた時から“F3P”で呼ばれるのが一般的になった様で、Fは飛ぶモデル、3はラジコン、Pは室内飛行を示すそうです。

ジャパンキャンピングカーショー2019

ファイル 827-1.jpgファイル 827-2.jpg

新年早々ジャパンキャンピングカーショーが在るのをご存知ですか? 2月1日(金)から3日(日)の3日間幕張メッセで行われます。
https://jrva-event.com/jccs/press/

キャンピングカーショーは、此れからRVの購入を考えて居る人に取っては最高に楽しい場所で、大切な場所でもあります。 既にRVを持って居る人に取っても楽しい場所である事は間違いないのですが、気を付けなくては成らない事は新しいRVが欲しくなる事で、場合に依っては買って仕舞う危険がある事です。 

RVを買うこと自体は良い事で、大いに奨励するべき事なのですが、危険は次の様な理由からです。 私もRVショーで、買う積りでは無かったにも拘わらずRVを買って仕舞った経験がありますので、経験者の立場として書きますが、RVは高価です、家の次に高価な買い物です、従って、買わない積りで行って急に買う事には危険があります。 フロアープラン、ガソリン/デイーゼル、エンジンモデル、トランスミッション、ホイールベース、燃費、燃料タンクサイズ、可能走行距離、総重量、ペイロード、車両の重心、適切なタイヤ装備(トラック用)、サスペンション、各部の材質、品質、耐久性、補償年数、その他多数の変数がありますので、数台に絞り込み、それらを比較し、決める前にそれぞれを乗り比べる事は非常に大切です。

乗り比べる時は操縦性、直進性、揺れ、カーブでの車体傾斜、振動/キシミ/雑音、乗り心地、加速性、その他思い付く事は全て納得した上で購入を決める必要があります。 

キャンピングカーはレースカーとは異なり、スピードを競う訳ではありませんし、速度が出なくても燃費が良い方がよく、急な上り坂に来れば速度を落としてユックリ登れば問題はありませんが、しかし、余りにもエンジンが小さければ安全速度での走行が出来ずにオーバーヒートを起こしたりエンジンに過度の負担が掛かって故障や寿命に影響する可能性も考えられます。
RVは運転して楽しく、助手席に乗って楽しく、目的地で生活して楽しくあるべきで、後悔しない決断を下す事が大切です。

と言う訳で、色々な種類の、多数のRVが集まるジャパンキャンピングカーショーに行きますとRVに関する多くの知識が得られますので、是非行ってみては如何でしょう?

RV パーク (2018年11月) - その3

ファイル 825-1.jpgファイル 825-2.jpgファイル 825-3.jpgファイル 825-4.jpg

フルタイマーと言うRV用語がありますが、此れはRVで生活をする事を言います。 通常退職をして家を売り払ってRVに住む人が多いのですが、中には春から秋に掛けてはRVで移動しながら生活し、残りの期間は家に住む人も居て、この様な人達はセミタイマーと呼ばれて居ます。 セミタイマーのセミはアブラゼミのセミでは無くてセミプロやセミコンダクタ―に使われるセミで半分や部分的にを意味します。

当然ですが、家財道具全てRVに積み込む事は不可能ですので倉庫を借りる人も多い様ですが、それでも出来るだけ沢山の道具を積み込む為にRVはどうしても大型になり、フルタイマーが使うクラスAの長さは40フィート前後から45フィートに成ります。

フィフスホイールやトラベル・トレーラーはクラスAの様に、運転席と居住場所が同一でな無い為に雨降りに場合でも一旦外に出る必要があって不便ですが、居住空間が驚くほど広くて快適に生活出来る為にフルタイマーに適しています。 クラスAの場合はシートベルトの数だけの人間を乗せる事が出来ますが、フィフスホイールやトラベル・トレーラーの場合は走行中に人が乗れる州と乗れない州が約半々の比率であります。 フルタイマーの夫婦の場合は問題ありませんが、大家族の場合は牽引車の席の数に制限される事になります。

クラスA、トラベルト・レーラー、フィフスホイールの最大制限長さはそれぞれ州に依って異なりますが、40フィート、又は45フィートが多く、登録州で合法であれば他の何れの州にも合法的に乗り入れる事が可能です。 牽引車を含めた総合長さ制限も考慮する必要があり、此れも州に依って異なり、一般的に65フィートの州が多い様ですが、75フィート、85フィート、更に100フィートを超える州もあります。  例えば、ノースダコタ州はフィフス・ホイールの最大制限長さは50フィートですが、最大制限長さが40フィートのワシントン州やミシガン州に乗り入れても違反ではありません。 

40フィート=12.2m
45フィート=13.7m
65フィート=19.8m

RV パーク (2018年11月) - その2

ファイル 824-1.jpgファイル 824-2.jpgファイル 824-3.jpgファイル 824-4.jpgファイル 824-5.jpg

一般的にRVパークのチェックアウト時間は11時又は12時が多く、チェックイン時間は2時又は3時と決めて居る所が多い様です。

目的地が遠い場合は1日中走り続けますので走行時間が貴重で、レストエリア、ショッピングセンターその他トラック用の大きなガソリンスタンドの駐車場等で宿泊する事が少なくありませんが、買い物をしたり洗濯物をする為にRVパークでも宿泊をします。 RVパークで宿泊する場合は出来るだけ有効に使う為に3時前後の早目のチェックインを心掛けています。

この夏の事ですが、正午頃にRVパーク(オレゴン州)にチェックインをしようとしたところ、3時後に戻って来て呉れと追われました。 このRVパークは常に混んでいて応対は今一なのですが、この場所を通過する時間的に都合が良くて買い物にも便利な場所にある為に過去にも何度も使って居ます。 この時は時間を無駄にしたく無かった為、結局このRVパークには宿泊せずに通過しました。

しかし、余り混んで居ない、一般的なRVパークではチェックイン時間に関係無く受け入れて呉れますし、早目に予約を入れる事でチェックイン時間に関係無く受け入れて呉れる可能性が高くなります。

前回書きましたRVパークには長期間滞在するRVが可なり居ますが、それでも午前中は出て行くRVが多く、午後に成ると入って来るRVが居ます。 従って、正午前後は空いたサイトがアチコチに見られますが、夜に成ると殆ど全て埋まります。 夏の間は家族で来るRVが多いと思われますので週末が混むと思われますが、冬の間は、一週間を通じて常に混んで居ました。

上の写真はRVパークで写したクラスAの写真です。

コメント一覧

未承認 (12/30 22:31) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

ページ移動